Blog
ペットコンシェルジュHITOMIのブログ
共活メソッド
〜共に暮らしてきた時間こそが宝物〜

シニア犬ちょっとした工夫で、飼い主さんもわんこも快適に暮らせるよ〜

今日は、「シニア犬、ちょっとした工夫で

お互いに快適に暮らせるよ〜」

というお話。

なんどもこのブログにも登場している、うちのシニア犬

「オードリー」こと「おじょちゃん」

今度、17歳になるトイプードルのブラウン女子。

おじょちゃんは、いつもはまだまだダッシュ?で走るし、

ご飯ももりもり食べるし・・・・

お昼寝もよくしてくれて、

言うことなしの日々なんだけど・・・。

あせる

でも、やっぱり間違いなく年齢的にはお年寄り<人間年齢80歳越え

だから、ちょっとしたことだけど工夫して、少しでも

快適に と私も色々試してみてます〜

音譜

今日は、その一例をご紹介しちゃいます〜

まず、うちではトイレシーツが大活躍

トイレだけじゃなく、あちこちに登場します。

(本当に優れものだと思う。使い方色々〜)

ご飯は、トイレトレーの上で食べてもらってる

トイレ?って思うかもしれないけど、おじょちゃん的には

隣に同じように置いてる方がトイレってわかってるみたいで、

ご飯用の方では、まずおトイレしない <ここはきっとおじょちゃん自身のこだわり>

ベル

これが、何がいいかっていうと

まず、こぼしちゃっても片付けが楽〜

最近、ほとんど歯がなくなっちゃったからふやかしフード

してるんだけど・・・なんか、お口の中でフードがくっついちゃうみたいで、

うまく、食べれないこともある

そうすると、やっぱりお口からポロポろこぼれちゃう。

若い子なら、こぼれたのも拾ってさっと食べてくれるんだけど、

シニア犬だと、下に落ちた状態のものをもう一度お口に入れるのは

かなり難儀をするみたいで、最近はチャレンジすらしなくなっちゃった

<下を向く動作もきついんだと思う>

だから、ご飯後はけっこうご飯皿の周りにベトベト<よだれ付き?!>の

フードが散乱しちゃうから、床もヌルっとして嫌だな〜って思ってたんだけど、

トイレシーツの上で食べてくれれば、こちらも拾うの簡単だし、

合格

汚れちゃったらポイッて捨てちゃえばいいから、本当に楽〜

そして、写真をよくみてもらいたいんだけど、

トイレトレーも使ってるんだ〜!!

アップ
アップ
アップ

これがまたイイ

なんでかっていうと!!

この高さなんです〜

ちょっとしたことなんだけど、シニア犬はやっぱり

後ろ足が弱ってくる

でも、この高さがちょっとあることで、

前のめりにならず<前足の方が、少しだけ高くなるからねっ>

後ろ足も踏ん張れるみたい!!

だから、自分で考えて、前足だけ乗って食べてる〜<えらい!おじょちゃん

まだ、後ろ足もそこまで弱くなってないから、今は、そのままフローリングだけど、

もしも、もう少し弱くなっちゃったら、滑り止めになるものを

敷いてあげようと思ってるよ

ちなみに、ご飯皿自体も高さのあるもの!使ってます。

下向きは、シニア犬には食べる気力がなくなっちゃうくらい

辛いことだったりするよ〜

そして、もう一つのご紹介は

水飲み〜

若い頃は、ドリンクキッド<ペットボトルに水を入れて、舐めてお水を飲むタイプ>でも

いいんだけど、シニア犬にはやっぱりこれもちょっと辛くなってくる。

舌を首をあげた状態で、ペロペロするのもちょっと難儀かな〜

ということで!おじょちゃんは、でっかい広めのお皿にお水入れてるよ!

あせる

まず、なんで広めなのかというと目が見えなくなってきてるから

広い方が飲みやすいかな〜って思っているのと

歳をとると、なぜだか<理由はありますが・・・>水をよく飲むようになる

だから、いつでもしっかり飲めるようにたっぷりとってことで、

おじょちゃん1頭にしては大きめのフードボールに入れてます

ビックリマーク

そして、またここでトイレシーツを活用

<こぼしてもOK〜飼い主の気持ちが楽っていうのが一番です

そして、こちらも写真をみてもらいたいんだけど・・・

アップ

ティッシュペーパーの箱にトイレシーツを巻いて、高さをあげてます

これで、頭をそんなに下げることなく飲むことができる

頭を下げる動作は、本当にシニア犬にはきついらしい

だから、ちょっとしたことなんだけどやってあげると

うちの子も過ごしやすくなると思うよ〜

<ドリンクキッドだけじゃなく、お皿から飲むことも若いうちから

ちょいちょいやってあげて〜なんでも、急に変えられるのはわんこには抵抗あるから・・・

特に、シニアになると頑固さも増します笑>

そして、私が心から思うこと!!

飼い主さんが、日々やってあげるのが気にならない作業だということ。

どうしても、お腹がゆるくなっちゃったり、前に書いたように

ご飯をこぼしちゃったり・・・。

忙しいと、特に?!「え〜〜」ってことも若い頃よりもちょくちょく起こる。

でも、その度に「もう」って怒られてたら、

きっとうちの子は傷ついちゃうと思うんだあ〜

だから、先に先にちょっとでも工夫して、お互いに快適になったら

ラブラブ

いいなって思う

私も、日々のひらめきの中で「こうがいいかな?」「これどうだろう?」って

やってるので、もっといいやり方があるのかもしれないけど、

ベル

愛情たっぷりで接してあげられたら、おじょちゃんも「るんっ」って

ラブラブ

思ってくれると信じてる〜〜

まだまだ、長生きしてほしい

だから、ちょっとずつ快適生活を目指して〜〜

トイレシーツさんにも頑張ってもらいます<笑>

日本ペットコンシェルジュ協会

https://petconciergejapan.org/